スクアール ビストロ


b0067789_2127578.jpg




スクアール ビストロは千石のフランス家庭料理レストラン。ランチが1000円ととってもリーズナブル。しかもおいしいんです。手間をかけて、きちんと作られている印象です。もちろん高級フレンチレストランのサービスは望めませんが、気軽に入れる家庭的な「ご近所」レストランとして貴重な存在です。
_________________________________

さて今日はサービスについて少し書きたくなったのでお付き合いください。みなさんは、今までに「これはすごい!」というサービスを受けたことがありますか。
_________________________________

もう何年前のことか(笑)、妻と結婚式会場を決めるために、いくつかのホテルを回って検討していた時のことです。ひとつの候補としてホテル・オークラに行きました。ドアマンの方に「結婚式の相談に来たんですが・・・」と言うと、「こちらです。」と丁寧に案内してくださいました。それでも決められなくて、いったん帰って考えることにしました。2週間ほどして、候補を2~3に絞ってもう一度ホテルを回ることにしました。

まずその日は一番印象がよかったホテル・オークラに向かいました。入り口に近づくとドアマンの方が、「おめでとうございます。結婚式のご相談でしたね。こちらです。」と僕たち二人を誘導してくれました。2週間前にほんの少しだけ言葉を交わしただけなのに、ドアマンの方は憶えていてくださったのです。もうその瞬間にオークラに決めてしまいました。その後も打ち合わせに何度か通いましたが、そのたびにその他のスタッフも含めにっこりと出迎えてくださったことは言うまでもありません。
_________________________________

いつものバーの話は何度か書きましたね。マスターのさりげない気遣いがとても気持ちがよくて長年通っています。こちらこちらに過去記事があります。
_________________________________

こんなすごい話じゃなくても、むむっできるなって感動したことは何度もあります。徹夜明けで翌朝移動しなければいけなかった時、朝食をとる時間がなくて駅の牛丼屋さん(朝から牛丼?笑)に入ったことがありました。食べ終わって朝の薬を胸のポケットから取り出したその時に、「どうぞ!」っと店員の女性がさっと新しい水を出してくれました。これも感動しました(笑)。同じことがどこかの立ち食いソバ屋でもありました。あのおばちゃん、その時だけは輝いて見えたなあ(爆)。
_________________________________

逆のことが最近ありました。早稲田の高級といわれるRホテルでのこと。妻と二人で昼食を食べようとカフェに入りました。禁煙席をお願いして席についたとたん「ご注文は何になさいますか」。座ったばかりでまだメニューも開いてないのに・・・まさか「とりあえずビール」なんて店でもないよね(笑)。まあ、この辺まではよかったんです。

禁煙席をお願いしたのにきついタバコの臭いが時々漂います。どうしたんだろうとまわりを見てみても誰もすっていません。不思議に思っているとウエイトレスさんが後ろを通るたびにタバコの臭いが・・・料理を持って来た時にはもう耐え難いほどの臭い。おいおい、仕事中にタバコすうなよ。その後も何度も注文を確かめにくるし、あげくに注文間違えるし、飲んでもいないコーヒーが伝票に書いてあるし・・・そして最後にとどめをさされました。会計のところで、「コーヒーは頼んでいないのですが」と一言いうと、いきなりその場から姿を消して何分も待たされました。戻ってきた会計の方に「最初にオーダーを取った方が間違えたんですか?」と聞くと怖い顔で「コーヒーの分はお返しします。注文したものは全部来てますよね。」と逆切れ。一言も謝ってくださいませんでした。
_________________________________

さてさて、みなさん、何かサービスについて良い(悪い)経験がありましたら、教えてください。

PS Gourmet indexはこちらです

にほんブログ村 写真ブログへ←いつまで続くやら・・・

by shigepianoman | 2009-02-09 21:20 | 食べ物

<< A moment Image of spring >>