GR DIGITAL IIとお散歩 2    - GR DIGITAL II 使用レポート Part 1 -


b0067789_1151458.jpg


b0067789_1152635.jpg

猫的GR DIGITAL II




b0067789_116547.jpg


GR DIGITAL IIを買って3週間が経ちました。まだ短期間ですが、使用レポートをアップしますね。

まずは手にしてみて
GR DIGITAL IIを手にしてみてまず感じることは、その程よい重量感、手になじむサイズ、信頼を生む剛性感、そして使いたくなる触感のよさです。こういうこだわりは所有する喜びも感じさせてくれます。黒のシンプルな外観も好感がもてます。

GR lens
画質はポケットに入るコンパクトデジタルカメラとしては十分以上のもの。単焦点というのも画質の良さに貢献しているものと思われます。明快な割り切りに拍手ですね。2.4という明るさ、28mmという広角もとても使いやすいです。もっと広角で面白い絵を作りたい、標準レンズのようにスナップしたいといった場合にはワイコン、テレコンというオプションもあります。僕はまだどちらも購入してないのですが、この3週間はコンバージョンレンズがなくても十分に楽しめました。ただし逆光には少し弱いような気がします。ゴーストが発生しやすい印象です。それも気になるかというと・・・まあ、それも味かなって許せてしまいます(笑)。

CCD
CCDは約1001万画素の1/1.75型です。僕としては、ある程度以上の画素数があればこの辺のスペックには必ずしもこだわらないところですが(笑)、ディテールはこの画素数だとやっぱりしっかりしてますね。デジタル一眼レフのような大型センサーなら、よりダイナミックレンジが大きく、ノイズも少ないでしょうが、このサイズのボディにのせるのは難しいでしょうし、値段も高くなってしまうでしょう。

ノイズ
GR ENGINE IIでノイズが少なくなったとのことですが、たしかにISO400まではそれほど気になりません。このサイズのCCDとしてはかなり低ノイズといえるでしょう。しかしながら、800以上になるとノイズが目立ってきます。デジタル一眼(Kiss Dや20D)では、特にモノクロ撮影の時にあえて高感度に設定しノイズを多くして、フィルムのような粒状感を出したりしてましたが、GR DIGITAL IIでの高感度時のノイズは少しニュアンスが違うように見えます。またこれも味だともいえますが、個人的にはシーンが限られるかなとも思います。GR DIGITAL IIにはノイズリダクション機能があるのですが、まだ試してないのでまたの機会に。またRAWではどうなるかも試してみたいです。

1:1モード
これが楽しい!僕はいつかハッセルを買いたいと思っているのですが、その練習にもなりそうです(笑)。構図の楽しみがさらにアップしました。もちろん4:3、3:2もあります。

マクロ
マクロモードではレンズの先端から1.5cmまで寄ることができます。僕がよく撮っているような一眼+マクロレンズのような撮影は無理ですが、広角マクロならではのパースペクティブ、構図を楽しむことができます。なかなか面白いですよ。

さてPart 2はAF、操作性、その他の便利機能、バッテリーなどについてレポートします。

by shigepianoman | 2007-12-23 11:23 | スナップ

<< GR DIGITAL IIとお... GR DIGITAL IIとお... >>