秋の向こう側   - EOS 50Dレビュー 補足 -

b0067789_7493922.jpg





b0067789_749522.jpg


b0067789_7495640.jpg


ワレモコウは秋の代表的な植物です。通常赤ですが、これはナガボノシロワレモコウという白いワレモコウです。自然教育園での撮影です。

さて、50Dで撮影した写真を整理するうちにちょっと気になることがありました。撮影中も少し違和感があったのですが、オートライティングオプティマイザ機能についてです。僕は逆光撮影を頻繁に行うのですが、思ったより明るく写ってしまうことがありました。また曇り空を撮影している時に、妙にコントラストが高くなってしまうこともありました。もしかして、カメラ側で補正してしまうのでしょうか。となると、自分の意図した写真が撮りにくくなる場面もあるかもしれません。それだけではなくて、たとえば全体に暗い場合にこの機能で勝手に明るさを持ち上げられてしまうと暗部のノイズが増えてしまう、などという困ったことがおこるかもしれません。まだ、もう少し試してみないといけませんね。また何かわかりましたら、アップいたします。個人的にはこの機能は切っておいた方がいいかもと思い始めています。

今回のオフ会のメンバーはkotarouさんまさにゃんさんとそのご主人、Daydreamerさんlotoさんあかび~さん、そして私、Shigeでした。

by shigepianoman | 2008-11-11 08:00 | 花・植物

<< Night Parade 刻の色   - EOS 50D... >>